30代シンプルシックな暮らしの作り方

「少ないもので豊かに暮らす」ことをテーマに、私(36)の持っている物や考えなどを綴ります。

ベトナム旅行に行ってきました。

お久しぶりです。

少し早い夏休みをいただき、ベトナムホーチミンに行ってきました。

日本も暑かったけどベトナムも暑かったです。

でも、なんか今年は東京の暑さが息苦しくてじりじり焼かれてる感じだったので、ベトナムの暑さが弱く感じるほどでした。

 

さてさて、今日はぼ写真でお届けします。

旅気分を味わっていただけたら嬉しいです。

建築が大好きなのでかっこいい建物を見るとテンションが上がります。

f:id:NavyLover:20180730230012j:image
f:id:NavyLover:20180730225948j:image

めちゃくちゃ美味しかったフォー
f:id:NavyLover:20180730225839j:image


f:id:NavyLover:20180730225853j:image
f:id:NavyLover:20180730230032j:image
f:id:NavyLover:20180730230050j:image

こんな感じです。

いかがでしたでしょうか?

 

ちなみに最近は、海外も3泊くらいならリュック一つで行きます。

空港でスーツケースを待つ時間もないし、身軽ですごく行動範囲が広がります。

(あと、今回ベトナムに行ってみてわかりましたが道路も歩道も結構ガタガタなのでスーツケースは邪魔になりそうです)

空港で重さを測ってもらったのですが私の荷物が約4kg、友達の荷物が約6kgでした。

普段の生活でミニマリストを極めているので友達より約2kg(!)も身軽に旅することができました!

f:id:NavyLover:20180730230245j:image

旅の服装は汚れても失くしてもいいプチプラで動きやすいアイテムで。

少ない枚数で持って行ってTシャツはホテルで洗濯したりしました。

一応ボトムの色味はベトナム感を意識しています。笑
f:id:NavyLover:20180730230300j:image

ベトナム食べ物も美味しくて観光地として発展しすぎてない所が良かったです。

これから夏休みを迎える方も多いでしょうね。

皆さんはどんな所に行くのでしょう。

そのままを受け入れてもらえることが幸せだと感じた

f:id:NavyLover:20180703234251j:image

自分の幸福度、人生に対する充足感みたいなものがどうやったら向上するのか日々実験しています。

 

私を幸せに出来るのは私しかいないので、何か嫌だなと思うことがあったらそれを無くすように努めたり、欲しいなと思うものがあったら買ったり。関わる人を増やしてみたり減らしてみたり変えてみたり。

 

こういった実験を繰り返しながら自分が何に対して幸せを感じるのか確かめています。

 

その一つの記録として残しますが、今日私が感じた幸せは自分が投げた言葉を否定も肯定もせずただ受け入れてもらえる、ということでした。

 

「私はこれが好きです」と伝えて、「あなたはこれが好きなんですね」と、ただわかってもらえる。受け入れてもらえることって幸せなことだなと感じました。

 

すごくささやかなことですが…。

 

これ簡単なことのようでなかなか出来ないことなんじゃないかな。

 

この人適当に合わせてるんだなって私が感じなかったらからこそ成り立つことだし、相手のことを受け入れられる包容力と思いやりがあるから出来ることだと思うし。

相手の優しさと好意を感じた瞬間でした。信用できる人だなと思えたのです。

 

 

私は人に気を遣いすぎたり、相手が望んでるような相づちを打たなきゃと思ったりとか、本当に人としての器が小さな人間です。

感が鋭いとか観察力があるという言い方をすれば聞こえは良いのですが、誰かを自分の基準で判断しがちなのです。

 

だから、誰かを判断せず、その人自身を受け入れられる人にちょっとした感動を覚えたのです。

 

 

自分主体のこと、つまり転職してみたり、家賃の高いオシャレな家に住んでみたり、海外旅行に定期的に行ったり、そういうのは積極的に行動すればある程度手に入るものだけど(それも大事だけど)、私の幸福度には絶対的に他者の存在が必要なんだなと思います。

 

 

母親が元気を取り戻したり、誰かと気持ちが通いあったり。

 

私も人と接する時に相手をジャッジする気持ちではなく、あぁこの人はこう思うんだなと受け入れる気持ちでやっていきたいな。

 

以上、これも真夜中の独り言でした。

人の美しい習慣を真似していきたい

f:id:NavyLover:20180702183025j:image

最近、見ていて素敵だなと思った人の習慣。

 

それはお店を出る時にとても自然に出てくる「ごちそうさま」のひとこと。

 

チェーンのカフェとか相手がアルバイトの若い子とかは関係無く、多分その女性にとってはそれが習慣になっているのだと思います。

 

私も食事をした後にお金を払うような場面では出来る限りしていたのですが、カフェだってどこだって言っていいのだとハッとしました。

 

先日、習慣に関する本を読みましたがこういう美しい挨拶の習慣もぜひとも取り入れていきたいところ。

 

 

ちなみにバスを降りる時にはできる限り「ありがとうございました」と言うようにしています。これは小さい頃に母がそうしていたから自然と身についたこと。

こんな所にも母の影響が出ているのだなと改めて気付きます。

(母親が愛情を持って教えてくれたことはこういう小さな所でずっと生き続けるんですね)

 

気にして見てみると、カフェ出る時に「ごちそうさま」を言っている人って多くはないけど必ずいて、皆さん感じが良いです。

 

 

朝の満員電車で自分勝手な振る舞いをしている人を観察していると、すごい形相だし服装や持ち物も手荒に扱ってそうな印象を受けました。これは美しくないですね。

 

美は1日にしてならず。

きっと毎日の習慣が作っていくものなんですよね。

 

人の良い習慣を見たのでこれからは自分も出来るだけ感じよく「ごちそうさま」ってどこでも言えるようになりたいなと思いました。

 

私が細々とブログを更新し続ける理由

今日の想和歌(id:sowakaha)さんのブログがとても良いなと思いました。

この記事を読んで私も共感したり、考えさせられたりしました。

sowaka-ha.hatenadiary.com

 

何のためにブログを書くのか

私自身このはてなブログを3年ほど前に初めて、途中全く更新しない期間もあり、今また再開しているような状況です。

 

ブログを更新してもほとんど読まれない日もあったりするので、もっと読んでもらえるようにサイトデザインを見やすくしたり、レビュー記事を多めに書いたり、工夫した方が良いのかな?と思う事もありました。

 

でも、あまり読まれていないからこそ自分の気持ちを素直に書けるという利点もあるかなと、最近は思います。

 

自分の感じていること、自分の体験したこと、自分の変化を素直に書く。

それが楽しいから私はこのブログをやっているのだと今は思います。

 

お金にもならない、アクセス数も増えないブログを何故続けているんだろう?と自分自身で疑問に思うこともあったのですが、自分自身が楽しむために書くと結論が出ました。

 

また考え方が変わることがないとはいえないけれど、今のところはそんな感じで自分の頭の中を文章で表していくことが面白くてやっています。

 

自分がいなくなった後も残るもの

想和歌(id:sowakaha)さんが記事中で仰っているように、無料ブログで更新していくことによって自分がもしいなくなった後も身近な人などに読んでもらいたい」というのは自分として想定はしていませんでしたが、確かと思いました。

 

私がブログを始めた3年前にコメントなどで交流していた方が結構ブログをやめてしまって、ブログ自体も消してしまっているのでそれは本当に悲しいです。

更新をストップしてもその場所だけでも残しておいていただけたらなと思います。

(その方の考え方が好きで過去記事を読みにいったりしたかった…)

 

更新が滞っていてもいいのです。

1年に1回でも書いてくれたら年賀ハガキみたいで嬉しいです。

誰にどう思われるとか上手い下手とか関係なくその人が書けばその人らしさが自然と出ますよね。

 

私も忙しい時とか気分が乗らない時は更新が滞ります。笑

でも、この場所があるから身近な人には話しづらい母親のこととか自分の考えを書くことが出来て救われています。

 

これからも細々と続けていきたいなと思いました。

 

 

 

*おしらせ*

はてなスターとコメントを一時的にやめています。

(また再開するかもしれませんが、ブログが重くなったりすることがあるみたいなのでちょっと実験中です)

 

「ぼくたちは習慣で出来ている」を読みました。

佐々木典士さんの「ぼくたちは習慣で出来ている」を読了しました。

f:id:NavyLover:20180623193530j:image

佐々木ご自身のお話も一部ありますが、全体としては習慣というものがどういう風に作られていくのか、偉人たちの至言や研究結果を引用しながら伝えていくという構成です。

 

私自身も「習慣」にはとても興味があって過去にも何回か記事にしています。

 

やりたいことを習慣づけて毎日続けること、やめたい事をスパッとやめること。

どうしてこんなにも難しいのでしょうね。

 

毎日運動が出来れば健康になるし、痩せるしメリットが多いとわかっているのに続かない。自分って怠惰な人間だなと落ち込んで自分を責めていました。

 

でも佐々木さんの本を読んで、習慣を意志力に丸投げせずに続くように環境を整えていくことの大事さを実感しました。

 

私自身の習慣について少しお話すると、タバコも吸わないし、お酒もほとんど飲みません。そうしようと決めているわけでもなく自然と出来ています。

甘いものも多分断つこともそんなに苦労することなく出来そうです。

(家には砂糖を長らく置いていませんが問題なし)

 

私がついつい口にしてしまうのは、塩分の方です。

ポテトチップスとかスナック菓子を買ってしまうのです。

 

肌にも良くないしずっとやめたいな、やめなきゃなと思いつつ出来ていませんでした。

なんとなくコンビニに入るとついでに買ってしまうのです。

 

佐々木さんの本を読んでトリガー(きっかけ)となるものに触れないようにすることの大事さに気づきました。

 

私でいえば、そもそもコンビニに行くのは仕事が忙しくて自炊が出来ていない時。

コンビニに入ってしまうと、あの狭い店内を歩いている時にポテチのパッケージが目に入ると買ってしまう、というのが何となくの習慣になっていました。

仕事から帰ると家で映画やドラマを見ながらポテチをつまんでいたので、そのことも買う理由として思い出してしまうのです。

手を出しやすい一種のストレス解消ですよね。

 

なので、そもそもちゃんと自炊が出来ていたりストレスが減れば、きっと口にしなくても大丈夫になるんだろうなという気がしています。

せっかく習慣に関する本を読んだのでこれはやめる習慣として挑戦してみようと思います!

 

 

続けたい良い習慣としては、やはり運動です。

たまに皇居ランニングをしたり、5km程度のマラソン大会に出たりはしていますが、それも気分次第です。汗をかくことが肌のかゆみにつながることもあって、なかなか毎日とか毎週とか習慣としては続けられていませんでした。

それも汗をかいたらすぐに洗い流せるジムにいくなど続けやすい環境を作ってやっていきたいなと思っています。

 

佐々木さんの前作「ぼくたちにもうモノは必要ない」を読んで、こんなに色々なものを手放せて身軽になれたので、習慣に関しても定着させていきたいなと思っています。

 

何かを始めるのに遅すぎるということはない、と自分に言い聞かせて頑張ります。

 

ポイントカードはもういらない

f:id:NavyLover:20180602234002j:image

カード類をまとめて処分しました。

 

◎コンビニに行くたびに出していたポイントカード

◎よく行ってたブランドのポイントカード

 

もういいかな、という気分になり一気に整理しました。

 

今大手の店舗のポイントカードは専らアプリに移行していることが多いですね。一応カードを処分する時の不安解消にそれぞれアプリをダウンロードしたけれど、それも消してもいいかなと思ってます。

 

最近は交通系ICを使用していることもありわざわざカードを出したり、アプリの画面を提示することすら煩わしいのです。さっと買ってさっと店を出たい。

 

 

あと、ポイントでお得を享受するより本当は買うものを減らす方がずっと得だなって思います。

 

どのポイントカードも1000円買ったとしてだいたい10円分くらいの還元率ですよね。それなら100円のお菓子を一回我慢する方がずっと得だしヘルシーですよね。

 

自分の中の消費に対する考えを変えていきたいなと思います。

 

 

色んな方のライフスタイルがありますし、家族構成などによって考え方も様々かと思います。

ただ、なんとなく楽天ラソンやポイントが何パーセント着くからお得〜のような買い物の仕方って結局買いたい欲に負けてるような??

 

 

私は最近は買い物を減らしてちょっと良いものを買うようにしています。

だからなのか今物欲は落ち着いています。家の中に必要なものしかないってすごく気持ち良いですよ。

見栄もなくて自分らしくいられるし。

 

「素敵な暮らし」じゃなくて「自分らしい暮らし」が身の丈に合っていて心地良いのだと気付きました。

 

物を手に入れた喜びって一瞬なんですよね。お金を出せばある程度何でも買えるじゃないですか。

 

私は今、お金で手に入らないものが欲しいです。

 

それは自分に専門性を持つことだったり、それを仕事として確立していくことだったり。

なかなか手に入らないから苦しいし、辞めたくなります。

 

でも、そういう簡単に奪われないものを自分の中に貯めていくことが必要だなと感じています。

 

 

ポイントカードから話が逸れましたが、自分の興味のあることはお得さではなくシンプルに生きること、これに尽きるなと思いました。

 

 

今の会社辞めたいのかもしれない

f:id:NavyLover:20160701233335j:plain

ただただ今思っていることをつらつらと書きます。

 

今勤めている会社は留学先から帰国後に就職して4年が経ったのですが、このまま続けるべきか悩みます。

 

難しいのは特に嫌なことはないから。

そして必要としてくれているから。

 

最近は定時で上がれることも多く家も職場の近くにしたため、自分の自由時間を多く持てるのも良い点です。

好きなミュージシャンのライブとかにも間に合うように行けるのが嬉しい。

 

新卒で入社した広告代理店は楽しかったけれど、とにかく帰るのが遅かった・・・。

ドラッグストア開いてる時間とかに帰れたことほとんどなかったんですよねぇ。

でも新卒だからそれがそこまで辛いとも感じず同期や会社の人とも仲が良かったので乗り越えれてた感じです。(仲が良すぎて色々もあったけど)

 

で、今です。

やりたいことをやらせてもらえて、早く帰れて、正社員で総合職だからボーナスも多くはないけどもらえて。

 

それなのに、なぜ私はここで続ける気になれないんだろう。

考えてしまいます。

みんなそうなのかな。

 

 

会社に対する帰属意識みたいなものがあまり自分から生まれてこないんですよね。

で、個人でも仕事受けたりしているものだからますます・・・。

 

転職するか、フリーランスになるか。

どんな働き方が自分には合っているのか考え中です。

 

今がいいか悪いかというよりも、どんな未来に自分は向かっていきたいんだろう、と先を見ています。せっかちなのでついつい生き急いでしまう。

 

 

結婚もしないかもしれないし働くことは好きなので多分この先何十年も働くんですよね。そうなると、これまでやってきたことと繋がるようなことで専門性を高めていく仕事がしたいなあと思います。

 

以上、雨の夜のひとりごとでした。