30代シンプルシックな暮らしの作り方

「少ないもので豊かに暮らす」ことをテーマに、私(36)の持っている物や考えなどを綴ります。

記録によって変わったことと家族について

お久しぶりです。
すっかり春の陽気ですね。
 
近所に咲いていたパンジーがかわいすぎて。
自然のものの色合いのバランスって素晴らしいですよね。
f:id:NavyLover:20160213172341j:image
 
今年は記録する一年にしたいと思って、月末に振り返りの記事を書きました。

それが功を奏したのか、やろうと思ってたことがいい感じに実行できています。
 
 

家族の問題は受け入れて進むしかない

家族のことに関しては、解決も終わりもないので、日々母の身体と心の具合の経過を見ながら、不調の原因となるものを少しでも減らせるように兄と協力しています。
 
 
あまり公にすることでもないので、会社の人には言っていませんが、母の不調の原因は、父方の祖母の介護と父の発言や態度に対する恐れや疲れだと思います。
 
母はもともと身体が強くない方で、かかりつけの病院に定期的に通っていたのですが、ちょっとしたトラブルでパニックになり、うつ状態になってしまったのでした。
 
今は入院して落ち着いていますが、ずっと入院しているわけにも行きませんし、退院した場合にどこで暮らすのかなど、先々心配なことは多々あります。
 
 
でもこれが私の家族。
受け入れて、いたわり合いながら、うまくやっていくしかありません。先日私も兄も父も家族全員が集まり、母について話し合いの場を持ちました。
 
どう考えても気の重い話し合い。私も実家に帰るのが億劫でした。
 
ですが、終わってみるととても有意義で大きな第一歩になりました。父も思っていたよりずっと冷静で、母のことを考えてくれていました。
 
父は昔ながらの亭主関白系の人間なので、キレた時はコワイのですが、バイタリティーがありあまる程あり、定年後も職を変えて働き続けるほど元気です。
 
心配性で繊細すぎる母と、自分の考えが強く行動力ありまくりの父。
どちらの性格も思い当たることがあり、
「ああ、私はこの両親の子なんだなあ」とこんな時なのにしみじみ感じました笑
 
 

家族のためにできること

母のお見舞いに行った後は、実家の掃除と洗濯に勤しみました。家の中に悪い気が流れている感じがしたので、部屋全部の窓を開け放ち、家中に新鮮な空気を流しました。
 
そして全部の部屋に掃除機をかけて、こたつカバーやシーツやタオル類を洗濯しました。
 
そうしたら家中のこもった空気がさっぱり。もっと家具が少なければ掃除もしやすいのに、とは思いましたが…笑
 

記録によって行動が変わる

1月の振り返りの記事で上げていた

・家族を大事にする

・実家を清潔にする

今月はこの2つを叶えることができたと思います。
 
 
言葉にするって大事ですね。
言葉は他人に伝えるためにも有効だけど、自分の深い部分にも届けられる気がします。
 
なんとなく思っていることは、なんとなくのまま時間だけ過ぎていってしまいます。
人に言ったり、文章に書いたりすることで
「自分に聞こえる状態にする」
これが記録によって得られる大きな効果だと思います。