30代シンプルシックな暮らしの作り方

「少ないもので豊かに暮らす」ことをテーマに、私(36)の持っている物や考えなどを綴ります。

お金に対する考え方①支出をおさえる

f:id:NavyLover:20170115170621j:image

 

生活がコンパクトになったことで貯金のスピードが速くなってきた気がします。

 

しがない中小企業の会社員のお給料ですから、月々もらえる額はたかがしれていますが、その中で使うお金と貯めるお金と分けて考えています。

 

 

私は、ただただ貯金するだけというのも、つまらないと思っていて、お金を使い、その効果で幸せに暮らす、というのが一番大事だと思います。


動かすお金と止めるお金はこんな風に考えます。

 

止める、すなわち貯金するためのお金は、無駄な支出+無自覚な支出を抑えるようにしています。


無自覚な支出とは、毎月気付きもしないくらい自動的に払ってしまっているお金です。


家賃や通信費などがそれに該当します。
この金額って結構大きくて、家賃も通信費も2年縛りで契約のところが多いかと思いますが、毎月の固定費を少しでも抑えると2年間の総額で数万~数十万の差になるのだという事に最近気付きハッとしました。

 

家賃に関しては、現在も都内で6万円台というお安めな物件に住めているので、まあよしとして、通信費は格安SIMに買い換えることにしました。
新しいIPhone を買って移行手続きを行うのに一時的に出費はかかりますが、
それでも2年で考えたら全然安いんですよね。


普段スーパーで10円の差で生鮮食材を選んでいるのに、こういう大きな出費しかも無自覚な出費を放っておいては意味がありません。


キャリアの交換などは、一見手をつけるのが面倒ですが、得られる効果も大きいので、重い腰をあげて行動するべきですね。やってみたら意外とさくっと終わってしまうことも多いですし。


不安や迷いって自分の頭の中が作り出しているものだから、うだうだしている間に行動すれば良かったなあとよく思います。

 

あと女性の大きな出費は洋服と化粧品だと思います。
自分を磨くための投資と考える部分もありますが、1点あたりの値段が大きいので、なんとなくで買わないことは大事だと思います。

 

化粧品であれば、アイテム数を絞ること。本当にそのアイテムの効果を感じているか再考。私はこれまで日焼け止めを塗ってその上にBBクリームを重ねていましたが、BBクリーム自体に日焼け止めの成分が入っていたりして、もうつける意味なし、でした。

色んな人が色んな化粧品をおすすめしてますし、もうメイクが好きで好きでたまらないという人はいいと思うんですが、私みたいに肌も弱いくせになんとなく使い続けてるアイテムがあったら見直してみるのも手かと思います。

 

 私は、留学をして帰国してから就職活動に半年ほど時間がかかり、そこで貯金がほぼゼロになってしまった過去があるのですが、そこから3年で、今会社を辞めても半年位はどうにかなるぐらいの額を貯金できたことは精神的にもだいぶ気が楽になりました。

 

貯金ができるできないっておそらく収入の多さではなく、お金に対する考え方の差なんだなと思いました。